馬プラセンタと豚プラセンタの違い

馬プラセンタと豚プラセンタの比較

馬プラセンタと豚プラセンタの違いについて、ご紹介します。

 

 

馬プラセンタ 豚プラセンタ
馬の出産は1年に1回、1頭づつ。 豚の出産は1年に数回、数匹づつ出産。
馬の胎盤は大きくて厚みがある。 豚の胎盤は馬より薄い。
馬は免疫力が強い 馬より病気になりやすい。
馬は体温が高いので、寄生虫がつかず、病気にも強い 馬より病気に弱い。
馬刺しとして食べることができるほど、アレルゲン性が少ない。 豚はしっかり加熱しなければ、寄生虫の心配がある。
ワクチンは抗生剤の心配がない。 豚プラセンタは、SPF豚などトレーサビリティが確率したものを選ぶ必要がある。

 

 

 

その結果は

馬の出産は一年に一回、一頭づつなので胎盤が大きくて厚みがある。

プラセンタの栄養価が高い。

 

馬は病気の心配が少ないので、抽出過程で高熱で加熱殺菌する必要がない。

プラセンタエキスは高音加熱によって、成分が破壊されてしまう。

 

馬は体温が高く、寄生虫などの心配がなく、ワクチンや抗生剤の心配がない。

残留薬剤の心配がない。

馬プラセンタのメリット

もともと、清潔で汚染されていないプラセンタなので、100%高純度

 

アミノ酸の含有量が高く、豚にはない必須アミノ酸も含まれている。

 

サラブレッドプラセンタは100%高純度、高品質なプラセンタサプリ。

 

 

馬プラセンタと豚プラセンタの比較について、ご紹介してきました。

 

もちろん、単純に馬がいいとは、言い切れません。

 

ただ、馬プラセンタのアミノ酸の方が、豚プラセンタより上であることは事実です。

 

しかも豚プラセンタには含まれない必須アミノ酸が数種類含まれています。

 

アミノ酸は、美しい肌や髪を作るために必要な栄養素です。

 

馬プラセンタのサプリを飲んだ方が、即効性を感じることが多いのは、アミノ酸含有量も関係していると思います。

サラブレッドプラセンタのメリット

馬プラセンタの中でも、最も希少価値が高く、栄養価の高いプラセンタがサラブレッドプラセンタです。

 

上質な飼料と、衛生的な環境で育っているため、安全性が高く高純度なプラセンタが抽出できます。

 

サラブレッドプラセンタを使ったサプリや化粧品は、確かな効果が得られるためリピ率が高いのです。

 

このサイトでご紹介している

 

 

キレイデプラセンタ

 

 

 

プラセンタファイン

 

 

 

 

 

母の滴サラブレッド100

 

 

は国産サラブレッドのプラセンタサプリです。

 

 

 

 

豚プラセンタサプリのメリット

馬と豚を比較したとき、単純に「馬プラセンタだから良い」というわけではありません。

 

SPF豚やトレーサビリティが確率したプラセンタサプリの中には、高品質なものが沢山あります。

 

また、豚プラセンタを選ぶメリットもあります。

 

豚は細胞が人間に近いので、体内で吸収されやすい。

 

比較的低価格で継続しやすい。

 

 

豚プラセンタは、特にサラブレッドのプラセンタサプリと比べると、ずっと安い価格で買うことができます。

 

プラセンタサプリはずっと続けることで、効果が表れてくるものです。

 

無理のない価格で、長く続けるのは豚プラセンタのサプリのメリットです。